インスタグラム

ものづくりの道を目指した原点を思い出した。

2週間近くぼーっとしていた。

何もしてなかったわけではない。

15日は静岡まで龍馬展を観に行った後

横浜に人に会いに行っていた。

それがきっかけで

今までのことを整理したい

という気持ちが沸きあがってきた。

自分が本当はどうしたいのか。

なぜ今、こんなことになっているのか。

 

すでに引っ越しの荷造りは

ほぼ完了している。

箱詰めさえできれば、あとは送るだけ。

もうお盆休みも終わりに近づいている。

休みを利用して

ファスティングもやってみた。

身も心も環境もまっさらにした。

過去を振り返るうち

大事なことを思い出した。

私がこの人生で一番時間を掛けている

ことはなんだったか。

 

自分の手で何かをやり遂げて

達成感を味わうことだ。

達成感を得る手段として

ものづくりの道を選んだ。

その道を行くための道具として

パソコンを選んだ。

それだけのことなんだ。

私がものづくりの道を選んだきっかけ。

小学校6年生のこと。

たしか、夏の自由研究だった。

私は卓上プラネタリウムの作り方を

ネットで見つけて作った。

それが自由研究の発表会に選ばれた。

視聴覚室で真っ暗にして

皆の前で星空を見せた。

大勢の人が感動しているのを

肌で感じることができて

それが嬉しかった。

自分が作ったもので、人が感動する

その達成感といったら、半端じゃなかった。

自分一人でなにかを成し遂げた時の

何倍も嬉しいし、充実した気持ちになる。

これを味わったからではないかな。

これが本当の始まりだと思う。

今の私は。

そういう純粋な気持ちも忘れて

言われたことをやるだけの

単純作業に従事している状態だ。

完全に忘れていた。

あの頃の感動や

ものづくりの純粋な楽しさを。

メンタルで落ちて楽な世界に行こうと

おかしな世界に傾倒したこともあった。

その世界から抜け出す。

札幌に戻ったら

もう一度、やり直したいと考えている。

自分の作ったもので、人を感動させたい。

誰かから借りたものとかではなく。

 

夢を持とうとか言われるけど。

夢なんてなくてもいい。

生まれた瞬間から

私はこれをやるのだと

決めている人なんていない。

夢は何かをやっていて

その過程で見つかるものだ。

聞けば、私の父親もそうだったから。

父親には今でも追いかている夢があるそうだ。

それは父親が今の仕事をしてから

そうしたいと考えたことなんだとか。

会社勤めをする前に

これが夢だ!と決めて

やったことではない。

無理に作った夢ではない。

と言えばいいのか。

私の夢は無理に作った夢

だったのかもしれない。

これは大事なことだ。

もう一度よく考えたい。


お店、始めました。
そろそろ、なにか物を置きたい……。

お店はこちら。
答えるだけで自分の気持ちに気付くメール講座。
(私も活用中。)

登録はこちら。
お問合せ
相談や感想などをフォームもしくはLINE@から受け付けています。
お問合せ(メールフォーム)はこちら。

お問合せ(LINE@)はこちら。