インスタグラム

刀剣乱舞 過去記事 2015年12月31日

【審神者一年目。初めての冬。】

6面が突破できないぐらいには初心者だった。

自分の中にはっきりと上下関係が存在してた頃。

心と現実はリンクしてる。

思い描いてる通りになってたなーって思う。

当時の記事

秘宝の里(2015年10月~)と連隊戦(2015年12月~)の話。

玉集め。

前回はやらなかったので、物吉君はゲットせず。

(いつか救済がくるはず……!)

連隊戦。

今回は時間あるからやってみようかと

思うものの超難がクリアできない……。

育成が足りてないorz

昨日、ラス1までいったけど

負けたのでクリアにならなかった。

玉を集めるなら難で周回なのかなと思った。

升と小判で5万まで集めてみる……?

難で周回(皆育つ)⇒超難行く⇒運よくドロップ。

これでいくかなぁ……?

6-1も突破してないから

そっちを頑張ってみてもいいけど

すぐ重傷とかになるから挑戦してない……。

セブンのコピー機で印刷できるブロマイドの話。

あとは刀剣乱舞のブロマイド。

 

第1弾は好きなのを厳選してプリント済み。

100均でファイルを購入して、ファイルした。

近くのコンビニのコピー機が

あまり人の通らないところにあって

大量に印刷できるのが良い。

(使う人もあまりいないっぽい)

ただ

500円玉をコピー機に入れても落ちる

という現象が。

見てもらったら

お釣りがなくて落ちてきてた

ということが発覚。

無用な手間を省くため

今回はnanacoに2000円分ぐらいチャージして

払おうかなと思った今日この頃。

第2弾はどんな絵柄で来るのかな。

改めて振り返る。

当時の秘宝の里ってキツかったよね。

秘宝の里も今でこそ

毎回10万達成してるけど。

確か

貰える玉の数も少なく

罠とかの威力もすごい上に

敵札がとんでもなく強かったんだよね。

お試しイベントの後

本番イベントが来たけど

そこで少し緩和されたんだったかな。

ここ最近のドロップ率とか見てると

この頃を思い出すw

それでも

この頃に比べたら

遊びやすくなってる

と思う(;´∀`)

新米審神者は大丈夫なのか。

鍛刀キャンペーンが続いてて

最近になってやり始めた人は

間に合ってないんじゃないのかな?

資材とか。資材とか。

札もそうだろうし。

ツイッターとかでも

こんなゲームならやめる!

とか見かけるようになってきて

ちょっと心配だよね。

私はもともと刀剣乱舞やる前に

艦これを2年ぐらいやってたから。

ドロップ率が絞られてるとか

そういうの全然、気にならなくて。

気長にやるゲームっていう

認識だったし。

古参ばっかり盛り上がってて

新参者が楽しめないってことに

少なからずなってしまってるなら

改善の余地あり、だよなぁと思う。

刀剣乱舞というコンテンツ。

本物の刀があって、ゲームがあり。

マンガ、アニメ。

舞台やミュージカル(2.5次元)もあり。

日本各地でコラボイベントもあったりして。

幅広く展開してて

言葉あれだけど

稼げるコンテンツ

になったもんだよね。

ゲームの中身を考えると

たったあれだけのもので

これだけの利益を

生み出してるわけだから。

すげーなと思う。

運営が利益を求める(課金させようとする)

ことに対して色々言う人もいるけど

ゲームとはいえビジネスだし。

まぁ、そういう側面があっても

何もおかしくないというか。

割り切って遊んでる節が

あったりなかったりw

追加される刀剣男士について。

正直、私は新キャラに執着がない。

うわー絶対欲しい!

ってなるほどのものがないんだよなぁ。

そのキャラの見た目とかが

気になって欲しいって感じでなくて

コレクターとして欲しい!

って感じ。

自分の推してるキャラの傾向から言うと

求めてるモノとはちょっと違うもんなー。

切り込み隊長的な人、欲しい(´◉◞౪◟◉)

いや、もういるけどさ(*´ω`*)

それとはこれは別なんですよ。

終わりに。

そうそう。

ブロマイド見て思ったけど

もう少しで3年になろうとしてるのに

推しが変わってないw

既存絵だというのに1枚200円かけて

印刷しまくったのが懐かしい。

今でも大事にファイルしてあるけどね。

いやー。

好きなものは好きだ!

いくらでもお金をかけてしまうね。


お店、始めました。
そろそろ、なにか物を置きたい……。

お店はこちら。
答えるだけで自分の気持ちに気付くメール講座。
(私も活用中。)

登録はこちら。
お問合せ
相談や感想などをフォームもしくはLINE@から受け付けています。
お問合せ(メールフォーム)はこちら。

お問合せ(LINE@)はこちら。